「オモロイ坊主を囲む会」Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~オモロイ坊主藤川和尚 三回忌の集い~

藤川和尚が無くなってちょうど2年になろうとしています。
今まで全く、シャカの教えなどにご縁のなかった、
多くの方々へ、ざっくばらんにその教え、考え方を広められた、
ご功績は多大なものだと思います。
オモロイ坊主を偲び、盛大に飲み語りましょう!

pro3.jpg



日時: 2月25日(土) 16時~18時半ごろまで。
会費: 5,000円
*お釣り無きようご準備下されば幸いです。

場所: タイ料理店 クルンテープ本店

東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿ビル2F
電話 03-3358-9085
*2号店もありますが、本店ですのでお間違えないよう、
お願い申し上げます。

丸ノ内線、都営新宿線 「新宿三丁目駅」 徒歩4分ほど。
お店のHP
http://www.thekrungthep.com/index.html
たべろぐマップ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13021531/dtlmap/

エントリー・お申し込み:
お店のキャパとお料理の関係で、事前にお申し込みお願い申し上げます。

世話人:福本、直井、富樫

mixiからの申し込みはこちらから
http://mixi.jp/view_event.pl?id=67700351&comment_count=0&comm_id=194669#join

問い合わせ:代表世話人 福本 fukumoto@t3.rim.or.jp

スポンサーサイト

「偲ぶ会」「納骨式」の報告

4/3(土)「オモロイ坊主を偲ぶ会」

大勢の方が参加し、それぞれ藤川和尚との思い出を語っていただきました。

会場のモニターには、TV放映された旅のオムニバスが映し出され、酒と料理と会話で盛り上がりました。


P1010503s.jpg


P1010513s.jpg


P1010514s.jpg



4/4(日) 「オモロイ坊主の納骨式」 
八王子・タイ仏教寺院ワッパー・プッタランシー

当日は、寒い一日でしたが大勢の方が参加し一時納骨の儀式をタイの比丘の方々に執り行っていただきました。

昼はタイ人関係の方々のつくったタイ料理を堪能し、タイ人の皆さんとの交流を楽しむ方もいました。

のちに藤川和尚の遺骨は、生前の本人の希望によりガンジス川に散骨されます。


P1010526s.jpg


P1010524s.jpg


P1010530s.jpg


P1010542s.jpg



4/4(日) 「オモロイ坊主の納骨式」のご案内

4/4(日) 「オモロイ坊主の納骨式」 

八王子・タイ仏教寺院ワッパー・プッタランシー

藤川和尚の遺骨は、八王子のワッパー・プッタランシーへ、
故人の希望でガンジス川へ流すまでの間、納骨いたします。

当日は、坊主の会からタイ人のお坊さんへお食事のお布施と、お骨をお預かり頂く儀式、
沢山のタイの方々との親睦会を予定しています。

山あいの、のどかで美しく、敬虔なタイ人の方に良くお手入れされた、雰囲気の良い
タイの田舎寺の様相です。奮ってご参加下さいませ!

また、当日お食事の準備が必要ですので、お手伝い頂ける方お声がけお願いします!
スタッフのみなさんは10時集合でお願いします。

集合:4月4日(日) 10時半~13時ぐらい。10時~13時 自由解散。
場所: ワッパー・プッタランシー  八王子市宮下482 
お誘い合わせの上、お仲間で起こし下さいませ。

八王子駅北口から、バスで25分ほど。下車徒歩およそ5分ぐらい。
以下の、サイトご参照くださいませ。バスは、1時間に3本ぐらいです。
http://www.buddharangsee.com/index.php





3/25追加


4/4(日) 10時~ 「オモロイ坊主の納骨式」 八王子のタイ寺「ワッパー・プッタランシー」
スタート時間が早くなりました。

藤川和尚の遺骨は、八王子のタイのお寺、「ワッパー・プッタランシー」さんへ納骨いたします。
故人の希望で、ガンジス川へも散骨いたします。

このお寺に、和尚の銅像(仏像?)を作り、写真も添え、ご自由にお参り頂けるように、
する予定です。

当日は、10時から読経、11時からお坊さんへの食事のお布施、
その後、皆さんとタイの方々とのランチ&懇親の予定です。

山あいの、のどかで美しく、敬虔なタイ人の方に良くお手入れされた、
雰囲気の良いタイの田舎寺の様相です。奮ってご参加下さいませ!


~お寺のお坊さんへのお布施と、お香典について。~
タイのお寺ですので、タイの習慣に則り、参加者皆さん各自、お坊さんへの
お布施をお願いできれば幸いです。封筒をご用意させて頂きますので、500円~1,000円ぐらい、
お包み下されば幸いです。
また、 藤川和尚へのお香典ご喜捨頂ける方は、タイ寺へのお布施と別に、受け付けさせて頂きます。


交通:八王子駅北口から、乗り場「11番」から、「杏林大学行き(左09)」、「戸吹行き(ひ01)」の
どちらかに乗り、バス停「宮下」下車。料金370円。 
バスの乗車時間は約25分。下車徒歩およそ5分ぐらいです。

~バスの時刻~
「杏林大学行き(左09)」 9時05分、25分、45分 発
「戸吹行き(ひ01)」 9時17分



お問い合わせ、お申し込みは。
事務局まで info@omoroibouzu.com

4/3(土)「オモロイ坊主を偲ぶ会」のご案内

4/3(土)18:00~ 「オモロイ坊主を偲ぶ会」

オモロイ坊主・藤川和尚を偲ぶ会を、明るく、楽しく行いたいと思います。
ひと時、坊主ネタで一杯やりながら、ご懇親下されば、故人の望むところだと思います。
和尚の映像の上映もあります。お誘い合わせの上、お気軽に起こしください。

日時:4月3日(土) 18時~

会費:5,000円 飲み放題!(お釣りのないようにお願いします。)
場所: ル・シェーヌ(Le Chene)

http://r.gnavi.co.jp/a080900/

神田・大手町の静かなエリアにある、隠れ家みたいな、レストラン・バーです。
 東京都千代田区神田司町2-10 安和ビル1階
Tel/03-5256-0141

地下鉄 丸ノ内線「淡路町」駅、都営新宿線「小川町」駅 A2出口 徒歩2分ぐらいです。
JR「神田」駅西口や、銀座線「神田」駅5番出口も使えます。
少し分かりづずらいかもしれませんので、地図を良くお確かめの上起こし下さいませ。

お問い合わせ、お申し込みは。
事務局まで info@omoroibouzu.com

報告

781399547_4[1]


2月25日午後、都内で火葬されました。
遺骨は、ガンジス川へ流される予定です。

和尚のお顔は、悟った高僧みたいな表情でした。
これは、仏像になるほどだと思ったぐらいです。

火葬だけにも関わらず、ご親族を含めて、
結局4-50名ほどの方がお別れにお見えになられました。

みな、偲ぶ会を心待ちにしているようです。
4月頭ぐらいかなあと、考えておりますのでどうぞ、お楽しみに。

フクモト@世話人

オモロイ坊主・藤川和尚・永眠!

pro3.jpg


本日、2月24日午前0時過ぎ、娘さんご家族、息子さんに見守られる中、藤川和尚が
永眠されました。
享年68歳。

先週金曜日19日の夕方、意識不明となり救急車で病院へ。
脳の血管が大きく破裂しておりました。

胃がん、糖尿病、帯状疱疹の後遺症の激痛、白内障などで、後半はかなりつらい
ご様子でした。

酒と金と女にまみれた京都の不動産屋から、51歳でタイで出家し17年、オモロイ坊主
と言われ、 「ブッダの教えを、宗教ではなく、今使える人生実践哲学。」として、
敷居を低くして、多くの方に語り続けてきました。
もう少し、ご活躍のお時間が欲しかっただろうと思います。

ご本人の遺言で、葬儀告別式は行われず、近親者の方々のみで荼毘に付されます。
どうぞ、ご理解頂けますようお願い申し上げます。

後日、「オモロイ坊主・藤川和尚をしのぶ会」を、明るくにぎやかに行う予定です。
またこの場でご案内申し上げます。

福本@世話人会





詳しくは、「オモロイ坊主を囲む会」通信に記載されています。
http://archive.mag2.com/0000110106/index.html

藤川和尚への近況



いろいろな病気を抱えている和尚ですが、先週末から体調を崩し入院しております。

当面、瞑想会やメルマガの問答、個別人生相談なども休んで頂く事にしました。

どうぞ、お見舞い、メールやお電話もご遠慮頂きたくお願い申し上げます。

また、随時この場で報告させて頂きます。

早くよくなる事を祈りつつ、皆様のご理解お願い申し上げます。

福本@世話人会

2/22(月)変更のお知らせ

2/22(月) 夜の瞑想会

藤川和尚、体調不良の為、欠席となります。

当日は会場で自由に瞑想していただけます。


ブログ管理人:planet

2/20 坊主バー・サロン中止のお知らせ

本日2月20日の「坊主バー・サロン」は、諸事情により中止とさせていただきます。

ブログ管理人:planet

「あいさつをしない人たち。」

広告代理店に務めています。
同じビルの人や、顔を知っている人たちには、
あいさつするように心がけていますが、
こちらからあいさつをしても、迷惑そうな顔さえする人がいます。
子供の頃からみんな、あいさつをするように、
教えられているはずなのに、嫌な気持ちになる事があります。
そんな人には、いっそあいさつなどやめてしまおうかとも思うこともありますが、
このままあいさつを続けるべきでしょうか、
そんな人にはもうあいさつはやめてしまった方がいいのでしょうか。
(36歳 OL)





お答えします。

挨拶をしたのに、知らぬ顔して無視されるどころか迷惑そうな顔されるのは
本当に嫌ですね。
でも貴女は相手の人になにを求めて挨拶しているのですか?
貴女は今日も気持ち良く一日を過ごしたいと願うからではないですか?
それとも子供のころから教えられているから挨拶をしているだけなのですか?
人間の社会生活の義務だからと、考えておられるのですか?

貴女が挨拶するのは、社会生活には大切なことだ・必要なことで、人と人とが
スムーズに接し明るい気持ちで、日々を過ごすためには必要で良いことだ、と
考えて居られるからですか?

子供のころから教えられているからではなく、自分が良いことだと考え、それが
無意識の良き習慣として挨拶しておられるなら、相手の人が無視しようとそれは
それで良いじゃないですか。

自分が正しいと考え信じ行ったことに対し、相手からなんら見返りを求め行う
行為は、けして仏教で教える善行為とは言えません。
何の見返りも報酬も求めず、他人の為に行って初めて善行為と言えるのです。
貴女に挨拶され一瞬でも明るい気持ちになり、気持ちの良い一日を過ごされる
人が一人でも居られたらそれで良いでは。

貴女の行為は立派な善行為です。世の為に役立っているものです。止めようか
などと考えず、どうか良き習慣として続けてください。

(藤川チンナワンソ清弘)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。